経営発達支援事業

商工会が作成する経営発達支援計画を認定する制度が創設され、東近江市商工会と安土町商工会の共同で作成提出した「経営発達支援計画」が認定されました。

 

認定に伴い、以下の事業活動を実施します。

 

目標

厳しい経営環境に直面する小規模事業者に事業計画書策定の意義と重要性への気づきの他、意識改革を促すことに重点を置く。一人でも多くの事業者が具現性の高い事業計画を策定し、売上の増加と利益の確保を図ることで、小規模事業者の持続的発展に繋がる支援を行う。また、複数の経営指導員等が個々の強みを活かしチームを組み、個々が保有する知識や情報を組織全体で活用できる伴走型支援体制を新たに構築し、次の二つの事業にPDCAサイクルを導入し、検証と改善を繰り返しながら継続して実施する。

①明確化された経営改善、事業承継、事業再生等の個別事業者が抱える経営課題を解決し、経営基盤を強化、安定、継続させるための経営支援事業

②新たに地域経済を担う人材の発掘、育成のための創業支援事業

 

 

事業内容

Ⅰ.経営発達支援事業

1.地域の経済動向調査

地域景況調査の実施や金融動向、開廃業件数、商店街の実態等の調査を行い、分析する。分析結果は、経営指導員の巡回指導やホームページで情報提供を行う

 

2.経営状況の分析

巡回訪問を通し、経営分析の重要性への気づきを与え、ヒアリングと財務諸表から経営分析を実施する。小規模事業者が自身の経営状況を明確に正しく把握することで、事業計画策定支援へ繋げていく。

 

3.事業計画策定支援

事業計画策定セミナー参加者、経営状況分析実施事業者に対して、事業計画の策定支援を行う。小規模事業承継マッチング支援センター(仮称)では、将来廃業を検討する事業者へ事業計画策定を行い承継へ繋げていく。

 

4.事業計画策定後の実施支援

事業計画の遂行が確実に行われるよう進捗状況を確認、把握するため複数の経営指導員が連携し2か月に1度の巡回訪問を行い、親切丁寧なサポート支援を行う。

 

5.需要動向調査に関すること

小規模事業者が策定した事業計画に基づいて、製造又は販売する商品・サービスについて、需要動向を調査・分析し情報提供することで新商品・新サービスの開発及び新市場の開拓に役立てる。

 

6.新たな需要の開拓に寄与する事業

マスメディア等を活用した情報発信の他、商談に繋がる展示会や商談会への出展支援を通じて販路開拓を行う。また、各種支援を通じて事業者の情報発信力と商談能力を向上させる。

 

Ⅱ.地域経済の活性化に資する取り組み

行政や観光協会等の関係機関と連携、情報交換しながら地域のブランド化、観光振興、雇用の創出、まちなかのにぎわい創出に取り組み地域活性化を目指す。